トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

神学・教育

「標準訳」はどんな翻訳に? 名古屋で日本聖書協会が懇談会(2/2)新訳でコヘレト書はこうなる

「標準訳」はどんな翻訳に? 名古屋で日本聖書協会が懇談会(2/2)新訳でコヘレトの言葉はこうなる

続いて小友聡氏は、詩文書がどう変わるのか、具体的にコヘレト書の新訳(案)を示しながら、詳しく説明した。以下が、新共同訳と新訳(案)。読み比べていただきたい。

2016年03月10日16時52分

新しい聖書「標準訳」はどんな翻訳に?(1)  新訳文と新共同訳を比較しながらの懇談会を名古屋で日本聖書協会が主催

「標準訳」はどんな翻訳に? 名古屋で日本聖書協会が懇談会(1/2)

日本聖書協会は4日、「どんな翻訳になるのですか? ―新しい聖書の特徴―」と題して、新翻訳事業の経過報告と情報交換のための懇談会を名古屋市で開催し、約80人が参加した。

2016年03月10日16時51分

キリスト教学校教育同盟、教研の新テーマ策定「時代の担い手としてのキリスト教学校-共に喜び、共に泣く」

キリスト教学校教育同盟、教研新テーマ策定「時代の担い手としてのキリスト教学校-共に喜び、共に泣く」

キリスト教学校教育同盟は、2015年度の教育研究委員会(教研)中央委員会を開催し、隔年ごとに決定する教研のテーマについて、2016年度と17年度は「時代の担い手としてのキリスト教学校-共に喜び、共に泣く」とすることを決定した。

2016年03月09日20時46分

関西学院大と兵庫県西脇市が協定 4月から連携授業も

関西学院大と兵庫県西脇市が協定 4月から連携授業も

関西学院大学(兵庫県西宮市)と兵庫県西脇市は2日、活力ある地域社会の形成と、大学の教育や研究への協力を目的とした包括的な連携協定を締結した。同市役所で行われた締結式には、同大の研究推進社会連携機構長を務める柳屋孝安副学長と、同市の片山象三市長が出席した。

2016年03月07日15時48分

キリ学次期学長に友利廣氏 学長就任会見行われる 建学の精神の重要性を語る

キリ学次期学長に友利廣氏 建学精神の重要性語る

沖縄キリスト教学院大学・沖縄キリスト教短期大学(沖縄県中頭郡西原町)の次期学長、友利廣氏の学長就任会見が2月26日、同大で行われた。友利氏は、4月1日付で第9代学長に就任する。任期は2020年3月末までの4年間。

2016年03月04日22時56分

桜並木の再生に向けて「ICU桜募金」目標額4千万円を達成

桜並木の再生に向けて「ICU桜募金」目標額4千万円を達成

国際基督教大学(ICU、東京都三鷹市)は、献学60周年記念事業募金の一環として2014年4月からスタートした「ICU桜募金」が2年間の募金終了期間を前に目標額4千万円を達成したことを同大のホームページで発表した。

2016年03月03日12時47分

立教大学、2017年度入学試験よりWeb出願・入学手続きを開始

立教大学、2017年度入学試験よりWeb出願・入学手続きを開始

立教大学(東京都豊島区)は2017年度の入学試験(一般入試・センター試験利用入試)より、従来の紙による出願を全面的に廃止し、Web出願・入学手続きを開始することを2月24日、同大のホームページで発表した。

2016年03月02日17時23分

キリスト教大学の目指すべきグローバル化とは? キリスト教学校教育同盟関東地区大学部会研修会

キリスト教主義大学の目指すべきグローバル化とは? キリスト教学校教育同盟関東地区大学部会研究集会

キリスト教学校教育同盟関東地区大学部会は2月26日、「キリスト教大学の目指すべきグローバル化」とのテーマで、2015年度研究集会を青山学院大学(東京都港区)で開催した。

2016年03月01日14時35分

玉川大学、2017年度4月から新学科設置を計画

玉川大学、2017年度4月から新学科設置を計画

トータルな人間性を育む「全人教育」を基盤に、多彩な教育・研究を実践する玉川大学(東京都町田市)は、2017年4月から文学部、農学部、工学部で新学科設置を計画していることを、同大のホームページで発表した。

2016年02月27日12時21分

戦時下のキリスト主義学校は何を妥協したのか 立教女学院短期大学で公開講座

戦時下のキリスト主義学校は何を妥協したのか 立教女学院短期大学で公開講座

立教女学院短期大学(東京都杉並区)主催の公開講座「戦時下の教育とキリスト教主義学校-立教女学院の抵抗と妥協-」が19日、同大校舎で行われた。学内外から集まった40人を前に、同大准教授の高瀬幸恵氏が講演を行った。

2016年02月26日16時23分

聖書を読み、成長するための七つの実用的な方法

聖書を読み、成長するための7つの実用的な方法

聖書は、イエスに従っていく上で完全で、有効かつ重要だ。そして御言葉を愛していくならば、キリストの内において成長していくのである。ここでは、日々のディボーションで成長し、聖書を読むことを大いに楽しむための実用的な方法を幾つか紹介していく。

2016年02月25日19時22分

東京女子大学、「知のかけはし入学試験」2017年度から実施

東京女子大学、「知のかけはし入学試験」2017年度から実施

東京女子大学(東京都杉並区)は、2017年度入試として現代教養学部で新しい入学試験制度「知のかけはし入試」を実施すると同大のホームページで発表した。今年10月から11月にかけての実施を予定している。

2016年02月25日18時12分

関東学院大学 地元神奈川を学ぶ科目「かながわ学」を4月から開講

関東学院大学、地元神奈川を学ぶ科目「かながわ学」を4月から開講

関東学院大学(神奈川県横浜市)は、学生たちの学習の主なフィールドである地元、神奈川への理解を深めるための科目「かながわ学」を、2016年4月から開講すると同大のホームページで発表した。

2016年02月24日15時39分

北星学園余市高校「募集停止」検討で波紋 地元幼稚園・教会・教団地区が存続の要望書を公表、署名運動も

北星学園余市高校「募集停止」検討で波紋 地元幼稚園・教会・教団地区が存続の要望書を公表、署名運動も

北海道にあるキリスト教主義の北星学園(札幌市)が、同学園余市高校(余市郡)の生徒「募集停止」を検討していることに対し、日本基督教団余市教会は16日、北海道キリスト教学園リタ幼稚園と共に同校の存続を求める要望書を、同教会の公式サイトで公表した。

2016年02月20日21時18分

同志社女子大学、滋賀県立石山高校音楽科との教育連携協定を締結

同志社女子大学、滋賀県立石山高校音楽科との教育連携協定を締結

同志社女子大学学芸学部音楽学科は16日、滋賀県内で唯一音楽科を設置する県立石山高校と教育連携協定を締結した。調印式は同大で執り行われ、同大の加賀裕郎学長、石山高校の水野禎美学校長が出席した。

2016年02月19日15時37分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング