トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

教会

被爆70年の長崎でささげられた祈り キリスト者共同平和アピール発表

被爆70年の長崎でささげられた祈り キリスト者共同平和アピール発表

原爆投下から70年目を迎えた長崎では、8日と9日の2日間、犠牲者のためのさまざまな祈りがささげられた。また、9日夜には長崎のカトリックとプロテスタントが協力し、「キリスト者共同平和アピール」を発表。核のない世界を訴えた。

2015年08月12日14時42分

浦上天主堂で原爆犠牲者追悼ミサ、被爆経験者の神父「信仰は生、戦争は死の賛美」

原爆投下時刻に合わせ浦上天主堂で追悼ミサ、被爆経験者の神父語る「信仰は生、戦争は死の賛美」

長崎に原爆が投下されてから70年を迎えた8月9日、爆心地から約500メートルという至近距離で被爆し、信徒1万2千人のうち8千人が亡くなったとされる浦上天主堂(長崎市)では、原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて黙祷がささげられ、原爆犠牲者追悼ミサが行われた。

2015年08月10日19時43分

浦上天主堂にCG投影 キリシタン400年の歴史、70年前の被爆を再現

隠れキリシタン・浦上四番崩れ・原爆投下 浦上天主堂の壁にキリスト教信仰400年の歴史を投影 6000人が見守る(動画あり)

長崎原爆の日の前夜、浦上天主堂では「浦上天主堂再現プロジェクト」が行われた。コンピューターグラフィックス(CG)を使った映像で、浦上天主堂の歴史や原爆の被害を再現する試みだ。8日は4回の上映が行われ、上映前から整理券を待つ人の行列ができた。

2015年08月10日16時21分

戦後70年の広島から(2):平和願い、カトリック・聖公会・チベット仏僧らが共に祈り

戦後70年の広島から(2):平和願い、カトリック・聖公会・チベット仏僧らが共に祈り

5日午後7時からは、カトリック幟町教会・世界平和記念聖堂で、「平和のための祈りの集い」として、エキュメニカルな祈りがささげられた。カトリックからは4人の大司教と10人の司教、日本聖公会からは11人の主教が列席し、海外からのゲストも列席した。

2015年08月07日23時06分

戦後70年の広島から(1):国家とキリスト教・被爆証言の継承・平和の行進と祈り 70回目の8月6日前に広島にキリスト者集う

戦後70年の広島から(1):国家とキリスト教・被爆証言の継承・平和の行進と祈り 70回目の8月6日前に広島にキリスト者集う

70年前に広島に原爆が投下された8月6日の前日である5日、広島市内ではカトリック幟町教会・世界平和記念聖堂(中区)などで、「広島司教区2015平和行事プログラム」として、さまざまな行事が行われ、カトリック信徒を中心に、多くのキリスト者が集まった。

2015年08月06日11時09分

クリスチャンの「ものづくり」を応援 ギフトカタログ『たらんと』11月にも発売

クリスチャンの「ものづくり」を応援 ギフトカタログ『たらんと』11月にも発売

キリスト教業界で活動する福祉作業所や企業、自営業のクリスチャンの人たちを応援するイベント「たらんとフェスティバル」が1日、東中野キングス・ガーデンで開催され、延べ約150人が集まった。ギフトカタログ『たらんと』の説明会も行われた。

2015年08月05日19時36分

日本基督教団と在日大韓基督教会 戦後70年で共同の「平和メッセージ」

日本基督教団と在日大韓基督教会は、今年戦後70年を迎えることを覚えての「平和メッセージ」を共同で発表した。昨年、宣教協約30周年を迎えた両団体は、日本における平和と安全な社会の実現を祈り、互いの協力関係を深めていくことを確認した。

2015年08月04日16時24分

滝元明氏、85歳で召天 新城教会、全日本リバイバルミッション創立者

滝元明氏召天、85歳 新城教会、全日本リバイバルミッション創立者

新城教会、全日本リバイバルミッションの創立者で、日本を代表する牧師、大衆伝道者であった滝元明氏が1日午前4時43分、肝臓がんのため死去した。85歳だった。3日には凱旋式(召天式)が新城教会(愛知県新城市富沢407−2)で行われる。

2015年08月01日21時35分

自分の弱さ隠さなくてもよい場所を 札幌・ススキノの「平成駆け込み寺」

自分の弱さ隠さなくてもよい場所を 札幌・ススキノの「平成駆け込み寺」

昨年4月、札幌市中央区にある繁華街すすきのに、悩みを抱えた人々を受け入れる「平成駆け込み寺」が開設された。開設から1年余り、平成駆け込み寺を立ち上げた元ヤクザの鈴木啓之牧師(シロアムキリスト教会)に、その働きについて話を聞いた。

2015年07月31日17時29分

鎌倉霊園で杉原千畝氏を記憶する祈り 初めての「パニヒダ」献じられる

鎌倉霊園で杉原千畝氏を記憶する祈り 初めての「パニヒダ」献じられる

第二次世界大戦中に日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアで、ナチスからの迫害を逃れる約6000人のユダヤ人にビザを発給した杉原千畝氏。その命日である7月31日を前に28日、正教徒だった杉原氏を記憶するための祈りが鎌倉霊園で行われた。

2015年07月30日18時03分

教派・国境越え青年らが「痛み」と「希望」考える イースト21アジア第8回国際会議

教派・国境越え青年らが「痛み」と「希望」考える イースト21アジア第8回国際会議

教派・国境を越えた青年伝道の働き「イースト21アジア(eAst21asia)」の第8回国際会議が18日、日本基督教団富士見町教会で行われた。主題講演者に韓国・セムナン教会の李秀英(イ・スヨン)主任牧師を迎え、約90人の青年信徒たちが集った。

2015年07月27日13時36分

3・11被災の礼拝堂再建、感謝礼拝に150人 「未来予想図」の発表も

3・11被災の礼拝堂再建、感謝礼拝に150人 「未来予想図」の発表も

東日本大震災で被害を受けた「キリスト教森郷(もりごう)キャンプ場」(宮城県利府町)にある「Morigo 礼拝堂」のリフォームが完成し、再建を記念した感謝礼拝が6月27日に行われた。礼拝には約150人が集まり、再建の喜びを分かち合った。

2015年07月10日13時26分

東日本大震災で被災した宮城県利府町の礼拝堂が再建 27日に感謝礼拝

東日本大震災で被災した宮城県利府町の礼拝堂が再建 27日に感謝礼拝

東日本大震災で被害を受けた日本バプテスト同盟オアシスチャペル利府キリスト教会が運営するキャンプ場「キリスト教森郷キャンプ場」(宮城県利府町)にある礼拝堂のリフォームが完成し、これを記念して27日に再建感謝礼拝が行われる。

2015年06月25日21時40分

キリスト教出版のミライは!? 若手書店ボーイと牧師がトークライブ

キリスト教出版のミライは!? 若手書店ボーイと牧師がトークライブ

キリスト教文書センター主催のトークライブ「戦う!書店ボーイ~キリスト教出版のミライ」が23日、教文館の3階ギャラリーステラで行われた。2人の「書店ボーイ」と、読者の声を代弁する牧師を交えて、キリスト教出版界の未来を縦横に語り合った。

2015年06月24日23時00分

「傲慢になる人々のためにも祈りを」 昭和女子大名誉教授の川平朝清氏、日本バプテスト連盟の平和集会で講演

「傲慢になる人々のためにも祈りを」 昭和女子大名誉教授の川平朝清氏、日本バプテスト連盟の平和集会で講演

日本バプテスト連盟の「6・21平和集会~沖縄の祈りに心合わせて~」が21日午後、同連盟川崎バプテスト教会(神奈川県川崎市)で開かれ、琉球放送の元アナウンサーで昭和女子大学名誉教授である川平朝清氏(同連盟青葉キリスト教会員)が講演した。

2015年06月23日18時23分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング