トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

バチカンでマクドナルドが今年初めにオープン 批判の声も

2017年1月3日22時52分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:バチカン
+バチカンでマクドナルドが今年初めにオープン 批判の声も
マクドナルドの典型的なメニュー(写真:TeaLaiumens)
- 広告 -

【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂の右手に2017年初め、マクドナルドがオープンする。

しかし、マクドナルドが入居する建物に住む枢機卿7人は、「建築的伝統に全く敬意を払っていない」「ファストフードは健康に悪く、バチカンが旅行者に対して提供するのはいかがなものか」などと批判しているという。また、その中の1人が、ローマ教皇フランシスコに苦情の書簡を送ったともされている。

しかし、バチカンの財政を預かる聖座財産管理局長のドメニコ・カルカーニョ枢機卿は、「計画は法的に有効で、何の否定的要素やスキャンダルもなく、見直すつもりはない」と批判を一蹴した。

「@ニフティ」ニュースによると、このマクドナルドの店舗面積は538平方メートルで、実際にオープンすれば、騒々しさやハンバーガーのにおいが立ち込めることは避けられないとみられる。しかしそれと引き換えに、バチカンには月3万ユーロ(約340万円)が賃貸契約で入るという。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:バチカン

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング