トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

紀元1世紀のユダヤ教の会堂跡を日本の調査団が発見

2016年12月14日00時22分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】イスラエル北部のガリラヤ地方にあるテル・レヘシュ遺跡を発掘調査している日本の調査団が紀元1世紀のシナゴーグ(ユダヤ教会堂)跡を発見したと、8日発表した。日本経済新聞が9日報じた。初期のシナゴーグ跡は同国でも7カ所しか見つかっていない。

見つかった会堂跡はナザレから約10キロにあり、南北8・5メートル、東西5メートル以上。自然石を組んで基礎を築き、ベンチとして切り石を壁沿いに並べてあった。日干しレンガで壁を築き、木製の屋根を架けたとみられる。中央には切り石の壇が据えてあった。

天理大学や立教大学などの研究者らで構成した調査団は、2006年から同遺跡を発掘、これまでに紀元前3200年(前期青銅器時代)から2世紀(ローマ時代)にかけての建物跡や土器など、さまざまな遺構や遺跡を見つけている。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング