トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

広田信也

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(11)祈りの積まれた国「日本」 広田信也

私たちに依頼されるキリスト教葬儀のほとんどは、教会とのつながりのない家庭からである。遺族にキリスト教葬儀を希望された理由を尋ねると、かつて親族の中に熱心な信者がいたことを教えてくださることがある。

2017年01月11日7時50分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(10)新しい皮袋を準備する 広田信也

ぶどうの果汁は、発酵してアルコールを生成し、ぶどう酒になってゆく過程で炭酸ガスを生成する。もしぶどう酒を熟成させるための入れ物として古い皮袋を使っていたとしたら、柔軟性を失い、硬くなった革袋は炭酸ガスによって膨れ上がり、ついには破けてしまう可能性がある。

2016年12月28日11時56分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(9)日本宣教の仕組みづくり 広田信也

2011年に自動車会社を定年退職、同時に神学校に入学して日本宣教のために祈る中、日本文化の流れに乗せて福音を広く伝えるよう導きを受けた私は、卒業後の2014年6月、冠婚葬祭事業と高齢者事業を担うブレス・ユア・ホーム(株)の設立に至った。

2016年12月14日10時25分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(8)「先祖儀礼」を大切にする家の記念会 広田信也

福音を日本文化に載せ、日本の津々浦々にまで届けることを目標に、2014年6月、ブレス・ユア・ホーム株式会社を設立した。当初から私の内にあった願いは、日本の多くの家庭に受け継がれている仏教式法事の習慣を、キリスト教の記念会に移行させたいということだった。

2016年11月30日15時32分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(7)高齢者に寄り添う出張礼拝 広田信也

世界保健機関(WHO)が発表した2016年版の「世界保健統計」によると、2015年の日本人の平均寿命は83・7歳で、世界で首位だった。日本は統計をさかのぼることができる20年以上前から長寿世界一の座を守り続けている。

2016年11月16日11時14分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(6)日曜日午前中の葬儀依頼 広田信也

冠婚葬祭事業を始めてすぐに気付いた課題は、礼拝のある日曜日の司式対応だった。日本の冠婚葬祭は休日を利用して行われることが多いため、日曜日に牧師派遣を依頼されるケースが多い。

2016年11月02日23時54分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(5)弱さの中に寄り添って(後) 広田信也

お正月にからだの不調を訴えられ、近隣の病院を訪れたIさん(91)は、1週間の検査入院だけで帰れるはずだった。ところが、入院中にけがをされ、体調を崩された後は、日ごとに病状の悪化が進んでいった。

2016年10月19日11時18分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(4)弱さの中に寄り添って(前) 広田信也

2011年9月、残された人生を日本宣教にささげる決心をした私は、長年勤務した自動車会社を55歳で早期退職し、全寮制の神学校(関西聖書学院)に入学した。

2016年10月05日19時01分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(3)冠婚葬祭の中で祈る日本人 広田信也

かつて私の祖父母が相次いで亡くなった際、父親がわが家に大きな変化をもたらした。祖父母を葬るために墓をつくり、家族で墓参りを繰り返すようになったのだ。さらに、住いの片隅に仏壇を持ち込み、僧侶が定期的に来ては読経を上げるようになった。

2016年09月22日21時34分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(2)「welcome home!」優しい言葉だが・・・ 広田信也

36年前の1980年、23歳の私は大きな期待を持ちながらトヨタ自動車(株)に入社した。技術職として採用された私だったが、新入社員には特別な教育期間が設定されていて、工場や販売店での実習が数カ月続くことになった。

2016年09月07日11時43分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(1)信仰心を表現できない日本人 広田信也

今年も終戦71年を迎え、日本のさまざまなところで祈りの場が持たれた。政治家たちが靖国神社でどのように祈るかは海外からも注目されるため、慎重に言葉を選んだインタビューの様子が報道される。

2016年08月24日7時09分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング