トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

教皇、列聖式後にバチカンで路上生活者にピザ

2016年9月13日00時12分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】教皇フランシスコは4日、故マザー・テレサの列聖式を執り行った後、路上生活者約1500人を昼食へバチカン(ローマ教皇庁)に招待し、ナポリのピザ職人たちがつくった焼きたてのピザを振る舞った。

教皇は「貧しい人のための教会」を掲げ、バチカンに路上生活者用のシャワーを設置したり、中東やアフリカなどから欧州に逃れてくる難民や移民への支援を訴えたりするなど、社会的弱者に寄り添う姿勢を示している。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング