トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

キリスト新聞

「死といのち」の問題を考える 石居基夫著『キリスト教における死と葬儀―現代の日本的霊性との出逢い』

「死といのち」の問題を考える 石居基夫著『キリスト教における死と葬儀―現代の日本的霊性との出逢い』

本書は、「死といのち」の問題をめぐって、日本人にキリスト教の福音の意味を伝えると同時に、日本のクリスチャンがキリストの救いをしっかり受け取っていけるようにという著者の強い思いを、優しさにあふれる言葉で紡いだ1冊。

2017年01月06日8時03分

キリスト新聞社、宗教改革をモチーフにしたアナログゲームを一般公募

キリスト新聞社、宗教改革をモチーフにしたアナログゲームを一般公募

「聖書コレクション」シリーズとして、「バイブルハンター」や「最後の晩餐~裏切り者は誰だ~」など、聖書を題材にしたボードゲームやカードゲーム計6作をリリースしてきたキリスト新聞社は、10月30日の宗教改革記念日に、「宗教改革500周年ゲームコンテスト」を行うと発表した。

2016年11月05日12時10分

イラク出身の女性キリスト教徒が著した2千年にわたる貴重な通史 『イラクのキリスト教』

イラク出身の女性キリスト教徒が著した2千年にわたる貴重な通史 『イラクのキリスト教』

本紙でも度々報じてきたイラクのキリスト教。本書は、ともすれば断片的になりがちなその状況の背景にある、2千年にわたって綿々と続く深い歴史を縦横無尽に掘り下げ、1冊の本に包括的かつコンパクトにまとめて概観した、貴重な通史である。

2016年10月31日17時44分

「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」松谷信司氏、青学でメッセージ

「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」松谷信司氏、青学でメッセージ

青山学院大学チャペル・ウィーク最終日。礼拝の奨励題として掲げられたのは、「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」。センセーショナルなタイトルから、SNSなどを中心に開催前から話題になり、当日は、行列ができるほどの人気ぶりだった。

2016年10月22日22時52分

「ハタから見たキリスト教」 内田樹×釈徹宗対談(2)

「ハタから見たキリスト教」 内田樹×釈徹宗対談(2)

かつて、九州地方、今の長崎県周辺を護(まも)り、長崎港を開港したとされる大村純忠という大名がいた。大村は後にキリシタン大名となり、長崎周辺一帯の土地をイエズス会に寄進している。

2016年10月21日12時22分

「ハタから見たキリスト教」 内田樹×釈徹宗対談(1)

「ハタから見たキリスト教」 内田樹×釈徹宗対談(1)

思想家であり武道家の内田樹氏と僧侶で宗教学者の釈徹宗氏の対談式講演会が15日、群馬県前橋市の日本基督教団前橋教会で行われた。同教会創立130周年記念として開催されたこの講演会には、早くから注目が集まり、予約チケットは、当日を迎える前に完売となった。

2016年10月21日12時21分

若者の「居場所」回復のため、教会は何ができるのか? 「教会と地域福祉」フォーラム21

若者の「居場所」回復のため、教会は何ができるのか? 「教会と地域福祉」フォーラム21

キリスト新聞社と東京基督教大学共立基督教研究所が共催する「教会と地域福祉」フォーラム21の第5回シンポジウムが12日、「居場所を失う若者たち―教会と地域ができること―」をテーマに日本基督教団聖ヶ丘教会(東京都渋谷区)で行われた。

2016年03月15日22時47分

カードゲームで聖書の世界に親しめるバイブルハンター、三部作完結編「トリニティ」発売へ

カードゲームで聖書の世界に親しめるバイブルハンター、三部作完結編「トリニティ」発売へ

2014年に業界初となる第1弾が発売されて以来、多くの話題を呼んでいる聖書を題材にしたカードゲーム「バイブルハンター」のシリーズ最新作にして完結編「バイブルハンタートリニティ」が、21日に発売となる。

2016年02月18日18時54分

地域における教会の役割とは? 「死」を見つめ、より良く生きる シンポ「死生学と教会」開催

地域における教会の役割とは? 「死」を見つめ、より良く生きる シンポ「死生学と教会」開催

「教会と地域福祉」フォーラム21の第4回シンポジウムが19日、霊南坂教会で開催された。「死生学と教会」をテーマに、死を見つめることで、自身の命や生き方を問い直し、より良い生を見いだす支援を教会がどのように行っていけるか、参加者と共に考えた。

2015年09月28日18時14分

東京都:「教会と地域福祉」フォーラム21 第4回シンポジウム

東京都:「教会と地域福祉」フォーラム21 第4回シンポジウム「死生学と教会」

キリスト新聞社と東京基督教大学共立基督教研究所が共催する「教会と地域福祉」フォーラム21の第4回シンポジウムが、9月19日(土)に日本基督教団霊南坂教会(東京都港区)で開かれる。テーマは「死生学と教会~より良く生きるために」。

2015年08月31日14時44分

稲垣久和・佐々木炎編『キリスト教福祉の現在と未来』

稲垣久和・佐々木炎編『キリスト教福祉の現在と未来』

キリスト新聞社は2014年、これからの「キリスト教福祉」の在り方を見据えて、研鑽(けんさん)し、実践していくためのネットワーク「教会と地域福祉」フォーラム21を創設した。本書はその活動を記録したブックレット・シリーズの第1弾だ。

2015年04月11日19時35分

“地域の悩みを教会の悩みに” 「浦河べてるの家」理事ら招きシンポ、障がい者・教会・地域の連携探る

“地域の悩みを教会の悩みに” 「浦河べてるの家」理事ら招きシンポ、障がい者・教会・地域の連携探る

キリスト新聞社と東京基督教大学(TCU)共立基督教研究所が共催する「教会と地域福祉」フォーラム21の第3回シンポジウムが28日、日本基督教団霊南坂教会(東京都港区)で行われた。「地域の悩みを教会の悩みに」をテーマに、地域と共に歩む教会の形成について参加者と共に考えた。

2015年03月31日1時22分

これぞ本当の「ネ申ゲー」 聖書コレクション第4弾が今月リリース

これぞ本当の「ネ申ゲー」 聖書コレクション第4弾が今月リリース(動画あり)

聖書を題材としたカードゲームシリーズ「聖書コレクション」から第4弾「ロストバイブル」が発売される。キリスト新聞社が手がける同シリーズ。「『教会用にはアリだけど、ゲームとしては二流』みたいには言わせない!」とデザイン。ツイッターなどで話題になった同シリーズのゲームを「ロストレガシー」のシステムで行う。

2015年03月11日14時35分

聖書コレクション第3弾「バイブルハンター アドベント」11月上旬に発売

聖書コレクション第3弾「バイブルハンター アドベント」11月上旬に発売

キリスト新聞社は、聖書を題材とするカードゲーム「聖書コレクション」のシリーズ第3弾「バイブルハンター アドベント」を発売する。「創世記」「出エジプト記」そして、「イエス降誕」の物語から新たな登場人物が参戦。前作と混ぜて遊ぶことも可能だ。

2014年10月09日23時53分

第4回キリスト教本屋大賞受賞作 八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』

第4回キリスト教本屋大賞受賞作 八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』

キリスト教出版販売協会が主催した「2014年 第4回キリスト教本屋大賞」を、八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』(キリスト新聞社、2013年)が受賞した。全国のキリスト教書店の中には、店頭でこの受賞を強調して示しているところもある。

2014年09月06日16時10分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング