トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

社会

日本キリスト教婦人矯風会、創立130周年記念レクチャー・コンサート開催

日本キリスト教婦人矯風会、創立130周年記念レクチャー・コンサート開催

今年、創立130周年を迎える日本キリスト教婦人矯風会は6日、記念レクチャー・コンサートとして「見せない半分/聴かない半分 クラシック音楽の女性作曲家“不在”の理由」と題したイベントを東京都新宿区の矯風会館ホールで開催した。

2016年12月13日18時52分

「部落差別の解消の推進に関する法律案」の成立を歓迎 日本基督教団部落解放センターの小林明主事 

「部落差別の解消の推進に関する法律案」の成立を歓迎 日本基督教団部落解放センターの小林明主事 

9日に参議院で可決された部落差別解消法案について、日本基督教団部落解放センターの小林明主事は「特に日本基督教団部落解放センターからの声明はないです」としつつ、「しかし、今だ根強く残る部落差別に対して大変有効な法律だと歓迎します」と回答した。

2016年12月13日17時13分

「少年にセカンドチャンスはあるのか?」 児童福祉法と少年法の間に生きる少年たち

「少年にセカンドチャンスはあるのか?」 児童福祉法と少年法の間に生きる少年たち

「子どもの貧困には、経済的な貧困だけではない。親や周りの大人からの『養護』を受けられない精神的な貧困もあります」とアドラムキリスト教会の野田詠氏牧師は話す。野田牧師が監事を務めるNPO法人「セカンドチャンス!」の集会を取材した。

2016年12月12日7時30分

ギャンブル依存症の現実 ティーンチャレンジ・木崎智之牧師に聞く

ギャンブル依存症の現実 ティーンチャレンジ・木崎智之牧師に聞く

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案、通称カジノ法案。反対派の意見の中で、最も大きな理由の1つが「ギャンブル依存症」の存在だ。聖書を基盤とした依存症更生施設「ティーンチャレンジ・インターナショナル・ジャパン」の木崎智之牧師に話を聞いた。

2016年12月11日2時22分

少年犯罪に手を染めた過去から更生 大阪アドラムキリスト教会(2)

少年犯罪に手を染めた過去から更生 アドラムキリスト教会(2)

原田選主さん(20)は、静岡県浜松市出身。両親は敬虔なクリスチャン。生まれた時から教会に通い、聖書、賛美歌はいつも選主さんのそばにあった。

2016年12月09日0時15分

少年犯罪に手を染めた過去から更生 大阪アドラムキリスト教会(1)

少年犯罪に手を染めた過去から更生 アドラムキリスト教会(1)

暴走族のリーダーとなり、少年院に1回、少年鑑別所に4回入った経験がある。少年院の中で聖書と出会い、人生をやり直した野田詠氏牧師。少年院を退所した少年たちの居場所作りを行っている。

2016年12月09日0時06分

「ピースのことをベテランズと話そう」米退役軍人、銀座・教文館でトークショー

「ピースのことをベテランズと話そう」米退役軍人、銀座・教文館でトークショー

米退役軍人の有志らによる市民団体「ベテランズ・フォー・ピース」が、11月初旬に来日。11月24日には、東京・銀座の教文館で「ピースのことをベテランズと話そう」と題したトークショーが行われ、用意した50席あまりは満席となった。

2016年12月06日20時26分

カジノ法案とキリスト教 国内・国際的な視点から考える 

カジノ法案とキリスト教 国内・国際的な視点から考える

2日に衆議院内閣委員会を通過したカジノを含む「統合型リゾート施設」整備推進法案(カジノ解禁法案)を、キリスト教の観点からどのように考えるのか?国内および国際的な視点から集まったクリスチャンや教会組織の声は、どれもカジノやギャンブルに批判的だ。

2016年12月06日8時09分

英語版・ドイツ語版を改訂 日本カトリック司教団メッセージ「原子力発電の撤廃を」

英語版・ドイツ語版を改訂 日本カトリック司教団メッセージ「原子力発電の撤廃を」

日本カトリック正義と平和協議会は2日、日本カトリック司教団が先月11日に世界に向けて日本語で発表した「原子力発電の撤廃を-福島原子力発電所事故から5年半後の日本カトリック教会からの提言- 」の英語版とドイツ語版に若干の改訂があったと発表した。

2016年12月05日17時02分

薬物依存者の更生に必要なこととは? ティーンチャレンジ・木崎智之牧師

薬物依存者の更生に必要なこととは? ティーンチャレンジ・木崎智之牧師

芸能人の薬物事件が後を絶たない。更生を絶望視する声が聞かれる一方で、今もやめたくてもやめられないと苦しむ依存症当事者もいる。更生の道はどこにあるのだろうか。依存症更生施設ティーンチャレンジ・インターナショナル・ジャパンの木崎智之牧師に話を聞いた。

2016年12月03日23時39分

刑務所伝道シリーズ番外編:元売人が見るASKA薬物事件

刑務所伝道シリーズ番外編:元売人が見るASKA薬物事件

シンガーソングライターのASKA(本名:宮崎重明)容疑者の再逮捕のニュースが11月28日、速報として伝えられた。芸能人に限らず、薬物犯罪はなぜなくならないのか。元覚せい剤の売人で、現在は「訳アリ」の従業員しか雇わないという塗装業を営む小川一実さん(56)に話を聞いた。

2016年12月02日7時41分

『ルポ 貧困女子』著者の飯島裕子さんが語る「女性たちの貧困の現実」

『ルポ 貧困女子』著者の飯島裕子さんが語る「女性たちの貧困の現実」

「アラフォー」「非正規」「シングル」「子どもなし」・・・「気が付けば崖っぷち」。女性たちの貧困の現実をまとめた『ルポ 貧困女子』が今年9月、岩波書店から出版された。著者の飯島裕子さんが、横浜YWCAで講演した。

2016年12月01日14時23分

ゴスペルシンガーの岩渕まことも出演 ハートフルトポスのクリスマスフェスティバル、京都で12月2日

ゴスペルシンガーの岩渕まことも出演 ハートフルトポスのクリスマスフェスティバル、京都で12月2日

精神に障がいのある人たちを支援するNPO法人ハートフルトポスが主催するクリスマスフェスティバルが12月2日(金)、京都市右京ふれあい文化会館(太秦安井西裏町11−6)で開催される。

2016年11月30日14時25分

九州キリスト災害支援センター、仮設団地にクリスマスケーキのプレゼント 準備・配布ボランティア募集中

九州キリスト災害支援センター、仮設団地にクリスマスケーキのプレゼント 準備・配布ボランティア募集中

九州キリスト災害支援センター(九キ災)は12月3日から6日、今なお仮設団地に住んでいる益城町の人々にクリスマスケーキを届ける企画「クリスマスケーキプロジェクト」を行う。29日から12月2日までの準備期間、3日から6日の配布期間合わせてボランティアを募集している。

2016年11月30日14時15分

遺族に慰めと癒やしを 聖イグナチオ教会で「自死された方々のためにささげる追悼ミサ」

遺族に慰めと癒やしを 聖イグナチオ教会で「自死された方々のためにささげる追悼ミサ」

苦しみの中で自死した人々に対する神の憐れみといつくしみを願い、「自死された方々のためにささげる追悼ミサ」(聖イグナチオいのちを守るプロジェクト主催)が26日、東京都千代田区の麹町カトリック教会(聖イグナチオ教会)主聖堂で行われた。

2016年11月30日14時04分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング