トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

川越弘の記事一覧

川越弘氏

沖縄における植民者としての日本人と私(5)「本土の牧師たちは沖縄を捨てた」 川越弘

「本土出身の牧師たちは、沖縄戦を前にして沖縄と沖縄の教会を捨てて逃げた」という、日本の教会に対する批判が、70年経とうとしている今も沖縄の教会に根強くある。この言葉を耳にするといつも心が痛む。

2014年11月01日6時49分

川越弘氏

沖縄における植民者としての日本人と私(4)沖縄の苦難をどう捉えるのか 川越弘

佐喜眞美術館長の佐喜眞道夫さんの書かれた「沖縄の心を」の中で、丸木位里・俊の「沖縄戦の図」を解説している文章がある。そこにこう記している。

2014年09月10日7時04分

川越弘氏

沖縄における植民者としての日本人と私(3)琉球・沖縄の自己決定権と日本人の立場 川越弘

1879年、政府は処分官(捨てるための処分)松田道之を琉球に派遣させた。彼の率いる武装警官180人余と兵士約400人は首里城を囲み、尚泰王に「沖縄県設置」を通達し、強制的に合意を迫った。

2014年08月31日9時53分

川越弘氏

沖縄における植民者としての日本人と私(2)沖縄の人たちの本当の願い 川越弘

沖縄の人たちは、自分のアイデンティティが何であるかを求めている。「国籍は日本にあるが、日本人になりきれない」と言う人が多い。

2014年08月24日15時45分

川越弘氏

沖縄における植民者としての日本人と私(1)沖縄における日本人、沖縄に在住している日本人の在り方 川越弘

沖縄と日本の関係について考えるとき、植民地と被植民地との関連で考えなければならない。日本人である自分を中立的な立場に置いても、沖縄では成り立たない。

2014年08月17日20時47分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング