トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

書籍

「自分自身を壊す前に」 塩谷直也牧師が絵本で伝えるメッセージ

「自分自身を壊す前に」 塩谷直也牧師が絵本で伝えるメッセージ

青山学院大学法学部教授で、大学宗教主任も務める塩谷直也牧師の絵本『ひとりぼっちのオルガン』が、1月下旬に刊行された。「自分中心の生き方が一番つらかった」と、クリスチャンになった経緯を語る塩谷氏。牧師となってからは自殺予防に関心を注いできた。

2015年02月05日14時36分

【書評】山我哲雄著『キリスト教入門』岩波ジュニア新書

【書評】山我哲雄著『キリスト教入門』岩波ジュニア新書

著者いわく「非キリスト教徒のための、『教養としてのキリスト教入門』といった性格のもの」であるという本書。キリスト教とは何かを知りたい人が、聖書入門にとどまらず、キリスト教を歴史的に概観しようとするには、絶好の入門書である。

2015年01月27日23時20分

キリスト教の教勢は欧米から世界の南側へ? 世界的潮流を考える本

キリスト教の教勢は欧米から世界の南側へ? 世界的潮流を考える本

本紙の1月13日付記事「西欧でキリスト者減少、各地で教会閉鎖相次ぐ」との関連で重要な本がある。それは、米国の歴史・宗教学者であるフィリップ・ジェンキンズ教授の『The Next Christendom: The Coming of Global Christianity』という本である。

2015年01月21日19時23分

【書評】木田惠嗣・朝岡勝共著『福島で生きていく』

【書評】木田惠嗣・朝岡勝共著『福島で生きていく』

福島県キリスト教連絡会代表で福島県キリスト教子ども保養プロジェクト(ふくしまHOPEプロジェクト)代表の木田惠嗣牧師と、日本同盟基督教団震災復興支援本部事務局長でふくしまHOPEプロジェクト事務局長の朝岡勝牧師の対談を収録した新しい本。

2015年01月09日13時12分

アリスター・E・マクグラス著のキリスト教入門書第3版出版 日本では来年2月から販売

アリスター・E・マクグラス著のキリスト教入門書第3版出版 日本では来年2月から販売

国際的な神学の教科書など数多くの著書を著し、世界的に著名な英国の神学者であるアリスター・E・マクグラス氏による英語のキリスト教入門書『Christianity: An Introduction』の第3版が今月、英国の国際的な出版社である Wiley-Blackwell から出版された。

2014年12月17日15時56分

信州夏期宣教講座編『改憲へ向かう日本の危機と教会の闘い』

信州夏期宣教講座編『改憲へ向かう日本の危機と教会の闘い』

本書は、日本の原発や憲法の問題に対する危機意識の下に、時代認識と教会による宣教の使命について、5人の論者が行った講演を収録したブックレットである。

2014年12月15日17時48分

初来日したWCC総幹事のオラフ・フィクセ・トヴェイト著『Christian Solidarity in the Cross of Christ』を読む

初来日したWCC総幹事のオラフ・フィクセ・トヴェイト著『Christian Solidarity in the Cross of Christ』を読む

きょう初来日した世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事の著書『Christian Solidarity in the Cross of Christ』(キリストの十字架におけるキリスト者の連帯)の主な内容をここでは紹介する。

2014年12月03日15時16分

【書評】自由の闘士から世界の治癒者へ マイケル・ラプスレー著『記憶の癒し』

【書評】自由の闘士から世界の治癒者へ マイケル・ラプスレー著『記憶の癒し』

「この回顧録は、私が南アフリカ解放のための自由の闘士から、傷つき、世界的な使命を帯びた治癒者となるに至った道筋を振り返るものである」と著者は本書の前書きで記している。著者は、どのようにして治癒者へと変わることができたのか。

2014年11月20日22時09分

命の絵本『一つになろうよ!!』 聖書に忠実に恋愛・結婚・家族描く

命の絵本『一つになろうよ!!』 聖書に忠実に恋愛・結婚・家族描く

静岡県浜松市にある教会「ぶどうの木」による絵本『一つになろうよ!!命の絵本・命の糸に出会う本』が10月25日、燦葉出版社より出版された。恋愛とは、結婚とは、子育てとは、家庭とは。聖書のことばをもとに、分かりやすくまとめられた絵本だ。

2014年11月04日20時17分

確かにより小さく軽い 実際に手に取って比べた新発売の『聖書 スタディ版』改訂版

確かにより小さく軽い 実際に手に取って比べた新発売の『聖書 スタディ版』改訂版

日本聖書協会の新しいA5版『聖書 スタディ版』改訂版が、23日に同協会直営のバイブルハウス南青山(東京都港区)に入荷した。筆者も同日にこの改訂版を入手し、その内容や寸法、重さを確かめ、元の英語版や旧版と比較してみた。

2014年10月24日22時01分

キリシタンとしての黒田官兵衛 関連本を読み比べ(動画あり)

キリシタンとしての黒田官兵衛 関連本を読み比べ(動画あり)

今年1月から放送がスタートしたNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の収録がこのほど終了したが、キリシタンとしての黒田官兵衛とはどのような人物だったのか?ここでは改めてそれらをまとめて、発行日の順に簡単に振り返ってみることにする。

2014年10月19日9時20分

B6サイズのコンパクト『聖書人名小辞典』新発売、登場人物約3500人を網羅

B6サイズのコンパクト『聖書人名小辞典』新発売、登場人物約3500人を網羅

創元社は9月19日、『レクラム版 聖書人名小辞典』(ハンス・シュモルト著、高島市子訳)を発売した。人物名見出し2036項目、登場人物数約3500という充実の内容が、B6版のコンパクトなサイズに収められている。人物名は、新共同訳に準じ、50音順に並べられている。

2014年10月09日15時20分

第4回キリスト教本屋大賞受賞作 八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』

第4回キリスト教本屋大賞受賞作 八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』

キリスト教出版販売協会が主催した「2014年 第4回キリスト教本屋大賞」を、八木谷涼子著『もっと教会を行きやすくする本』(キリスト新聞社、2013年)が受賞した。全国のキリスト教書店の中には、店頭でこの受賞を強調して示しているところもある。

2014年09月06日16時10分

【書評】渡辺和子著『面倒だから、しよう』

【書評】渡辺和子著『面倒だから、しよう』

140万部を超えるベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎、2012年)の著者であるカトリックのシスターによる最新刊。本書の帯によると、その売上部数は今や40万部を突破したという。

2014年08月25日23時18分

【新刊案内】ルカの福音書 ―味読・身読の手引き3― 宮村武夫(著)

【新刊案内】ルカの福音書 —味読・身読の手引き3— 宮村武夫(著)

「ルカの福音書3 味読・身読の手引き」3分冊の最後の出版を、4月の2冊目に続いてこのように実現でき感謝です。小さな著書の刊行でもその実現のために、あの方この方の様々な場所、さらに私の知らない所での執り成しの祈りに支えられてのことと覚えます。

2014年08月11日23時25分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング