トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(101)人は奇跡を見ても神を信じない 米田武義

2017年1月5日21時50分 コラムニスト : 米田武義 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:米田武義

人は奇跡を見ても神を信じない

私は今思うだけでも、絶対に奇跡であると思うことが多々ある。本当は最近に起こったことでも何件かある。今私が治療に行っている病院においてもある。私と同じ種類の病気になり、ほとんど同じ時期にかかり、私とほぼ同年齢という人は、治療にいまだ見通しが立たないでいる。

私は昨年11月末に、本当に奇跡的とも思える回復の後、手術を終えることができ、今は術後の治療を行い得ている。あまりの差に、後で振り返ってみると奇跡に違いないと思うのだが、思うだけで一向に実感が湧かない。奇跡だと思う感情が湧かないのである。

なぜ、驚きにも似た感情が湧かないのだろうか。私たちは何でも科学的に考え解釈したり、分析総合する癖がついているのだろうか。奇跡を目の当たりにしても、当然のことのように思えるのは、人間の本来の性質であり、神の配慮であろうか。こんな人間ならば、神がたとえ奇跡を人間に見せても、神を信じないであろう。

奇跡で神を信じないのなら、人間は何をもって神を信じるのだろうか。

聖書では、見ないで信じる者は幸せである、と書いてある。まさにその通りだと思う。イエス・キリストの言われたことを信じることによって、十字架の贖(あがな)いを自分のためのものとして受け入れることのできる人は幸せであると思う。

私のように、それだけでは不足で、イエスのその他の行為や奇跡を助けとして、イエスを受け入れることのできる人もいると思う。しかしいずれにしても、イエスの愛に打たれて、血の通った信仰をしたのだと信じている。

「私たちに父を見せてください。そうすれば満足します」(ヨハネ14:8)

<<前回へ     次回へ>>

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

【米田武義著書】(Amazon)
【米田武義著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:米田武義

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング