トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(100)2種類の信仰 米田武義

2016年12月29日14時15分 コラムニスト : 米田武義 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:米田武義

2種類の信仰

信仰には2種類あって――①神を直接信仰する。②神を信仰するのであるが、イエス・キリストがその間に存在する――の2つである。

①の信仰は非常に単純なもので、旧約聖書に書かれてある人々の信仰は、これに近いのではなかったろうか。

また、よく奇跡のことが出てくるけれども、あまりに奇跡を重視すると奇跡による癒やしが目的になったり、奇跡を行った人を崇拝する個人崇拝になったり、本筋から外れた信仰になってしまいがちである。たとえイエス・キリストが奇跡を行ったとしても、こういう目的になってしまう可能性がある。

②の信仰は、イエス・キリストを仲保者として介さねば成立しない信仰である。この信仰では、イエス・キリストの奇跡は、必要以上に強調する必要がないことが分かる。前述したように、本筋から外れる可能性があるということもあるが、贖(あがな)うということが覆い隠されてしまいがちになる。

私は長い間、イエス・キリストの重要性が理屈の上でしか分からなかったと思う。私たちの全ての罪を贖ってくださったことは分かっていたが、その存在感は、私にとってはあまり強くなかった。ということは実質的には①に近いような信仰であったといえる。

実質的にイエス・キリストが仲介者として必要不可欠なお方であり、真に血肉をもって私に迫ってきたのは、今回入院してからであった。今までと全く違った信仰となった。

とにかく、②の信仰では、奇跡はむしろ邪魔になるということが分かる。

「・・・わたしは・・・罪人を招くために来たのです」(マルコ2:17)
「イエスは深くあわれみ・・・言われた」(マルコ1:41)

しかしイエス・キリストは、あわれみ深いお方であり、この奇跡を時に使わざるを得なかった。

<<前回へ     次回へ>>

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

【米田武義著書】(Amazon)
【米田武義著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:米田武義

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング